コロナウィルス最新情報|原因|予防|対策方法とは?

 

新型コロナウィルス対策に光明!!
誰もが聞いたことがある!?
簡単に手に入る○○を○○することで感染症予防に!?

 

 

コロナウィルスにもインフルエンザにも効果が認められている、海藻から取れる栄養成分とその生成方法とは?

 

新型コロナウィルスの脅威

2019年の12月から中国武漢市を中心に広がっている新型コロナウィルス感染症は、その感染の拡大と重症化するリスクに驚異があります。

 

感染ルート

【飛沫感染】(感染者のくしゃみ、咳、つばなどを吸引することで感染)や、
【接触感染】(感染者がくしゃみや咳を押さえた手などで触れたものを経由してウィルスが付着し、口や鼻などの粘膜から感染)などで感染します。

マスクでも防ぎきれない、感染しても軽症で自覚症状が無い場合も多いなどの理由で、急速な広がりを見せているのが特徴です。

すでにヒトからヒトへの感染も確認され、中国以外でも、韓国、アメリカ、日本、タイ、台湾、シンガポール、マレーシア、ベトナム、ネパールフランス、オーストラリアなどで感染が確認されています。

 

重症化するリスク

一般的な症状としては、発熱や呼吸器症状が一週間前後つづくことが多く、強いだるさを訴える方が多いです。そして、高齢者や基礎疾患を持っている方が重症化し、肺炎などにより死亡するリスクが高いため、特に注意が必要です。
さらに、今回の新型コロナウィルスは、1度だけでなく何度も感染するリスクが有り、2回目の感染では重篤化しやすいという事も言われています。

つまり、予防対策がとても重要です!

 

  • 『万が一、自分のせいで家族に感染したら…』
  • 高齢の両親が心配だ…』
  • 『夫が満員電車で通勤している…』
  • 『仕事でどうしても子供を保育園や学童などで集団生活させないといけない…』
  • 妊婦の妻が心配だ…』
  • 『感染して14日隔離などされたら経済的に厳しい

 

そんな方は、新型コロナウィルスへの不安が特に多いと思いますし、しっかりと予防対策を行うことが重要です。

 

 

そもそも、コロナウィルスとは何か。

 

出典:国立感染症研究所

コロナウイルスは、表面に存在する突起によって形態が王冠「クラウン」に似ていることからギリシャ語で王冠を意味する「コロナ」という名前が付けられました。

風邪といわれる原因の10〜15%、流行期では35%がコロナウィルスが原因と言われ、ほとんどの子供は6歳までに感染する、身近なウィルスと言えます。

 

これだけあるコロナウィルスの種類

コロナウィルスでよく知られているのが、主にヒトに蔓延している日常的に感染する風邪ウィルスの4種類、動物から感染する重症肺炎ウィルス2種類です。

 

 2019新型コロナウイルス

 主題の武漢市より広がりを見せる病原体

 MERSコロナウイルス

 中東呼吸器症候群 (MERS) の病原体
 SARSコロナウイルス  重症急性呼吸器症候群 (SARS) の病原体
 ヒトコロナウイルス229E  風邪の病原体
 ヒトコロナウイルスNL63  風邪の病原体
 ヒトコロナウイルスOC43  風邪の病原体
 ヒトコロナウイルスHKU1  風邪の病原体

 

それ以外にも沢山の種類があり…

 

アルファコロナウイルス1/犬コロナウイルス/ミニオプトラスコウモリコロナウイルス1/ミニオプトラスコウモリコロナウイルスHKU8/ブタ流行性下痢ウイルス/リノロフスコウモリコロナウイルスHKU2/スコトフィラスコウモリコロナウイルス512/ベータコロナウイルス1/マウスコロナウイルス/ルーセットコウモリコロナウイルスHKU9/タケコウモリコロナウイルスHKU4/アブラコウモリコロナウイルスHKU5/ウマコロナウイルス/ヒヨドリコロナウイルスHKU11/ムニアコロナウイルスHKU13/ツグミコロナウイルスHKU12/鳥コロナウイルス/シロイルカコロナウイルスSW1

 

今後も、いつ新たな脅威、新型ウィルスが発生してもおかしくないことが分かります。

つまり、今回の新型コロナウィルスの対策だけではなく、今後もしっかりと予防していくことが大切だと分かります。

 

コロナウィルス予防に効果の期待できる成分が2018年すでに小林製薬より発表!!
その栄養成分とは?

 

小林製薬は、特定非営利活動法人(NPO)バイオメディカルサイエンス研究所と協力し、殺菌消毒成分の“ヨード(ヨウ素)”に、喉から感染するウイルスを幅広く殺菌できる効果を確認したと発表しました。

のどはウイルスが感染するルートの一つであり、感染すると喉に痛みや腫れが起こり、悪化すると発熱などの全身症状に繋がります。
のど風邪の8割以上がウイルスに起因すると考えられているため、様々なウイルスに効果のある殺菌消毒剤が求められている中で、
“ヨード(ヨウ素)”は、のどから感染する代表的なウイルス5種類(インフルエンザウイルスコロナウイルス、RSウイルス、アデノウイルス、ライノウイルス)に対して殺菌効果を確認したと発表しています。

出典:小林製薬ニュースリリース
※同研究成果は学術誌「日本防菌防黴学会誌」(2018年4月号)に掲載。

 

ヨード(ヨウ素)とは?

 

新型コロナウィルス対策に期待ができる“ヨード(ヨウ素)”は、元素記号”I”の元素です。

また小学校の実験などでよく使用されるヨウ素液などでお馴染みなので、誰もが一度は聞いたことがあると思います。
ヨード(ヨウ素)は体内ではそのほとんどが甲状腺に存在し、甲状腺ホルモンの主原料です。甲状腺ホルモンは新陳代謝や成長の促進、栄養分の吸収、エネルギーを作る働きをするため、体になくてはならないホルモンの一つです。
このホルモンは身体の代謝をはじめとするさまざまな重要な機能を調節しています。

また、甲状腺ホルモンは、妊娠・授乳期に胎児や乳児の骨や脳が正常に発育するためにも必要です。
十分な量のヨウ素を摂取することは誰にとっても大切ですが、乳児や妊娠中の女性では特に重要と言われています。

 

さらに最近の研究で
最も効果の期待できるヨード製法が!?

 

新型コロナウィルスに関して期待できるヨードですが、この毒性を無くし、細胞が吸収しやすくした方法があります。

それが、

ヨードのコロイド溶液化です。

コロイドヨード液の効果効能としては、ガンの治癒や、HIV(エイズ)、白血病、血管障害、その他の病状の治療に対して、驚くべき回復結果を出していることに言及しているこちらの記事を参照下さい。

コロイドヨードは有害物質を吸着し、体外へ出すとともに、正常細胞を活性化し、体の機能を効果的に高めるという性質があり、副反応、副作用が小さいことでも注目されています。

非公式ですが、ヨードは新型コロナにも効果が期待できるという話も出ており、ウィルス感染対策にもヨードが重要であることは研究結果から明らかです。

また、コロイドヨードと検索することで、日本の医療機関の記事もすぐに見つかり、その効果や効能を見る限り、新型コロナウィルス対策、予防としての可能性に期待ができます。

ただし、ヨードは甲状腺ホルモンの材料にもなるため、コントロールされていない甲状腺機能亢進症(バゼドウ病)の方は服用できません。

 

新型コロナウィルス対策まとめ

 

新型コロナウィルスは、感染を防ぐ予防対策が最も重要である。

対策方法として、2018年にコロナウィルスへの効果が発表されているヨード(ヨウ素)が注目されている。

ヨード(ヨウ素)は、新陳代謝や成長の促進、栄養分の吸収、エネルギーを作る甲状腺ホルモンの主原料で、妊娠・授乳期に胎児や乳児の骨や脳が正常に発育するためにも必要な成分である。

ヨード(ヨウ素)の中でも、毒性を無くし、細胞が吸収しやすくしたヨードのコロイド溶液化したもの(コロイドヨード)が期待できる。

コロイドヨードは、ガンの治癒や、HIV(エイズ)、白血病、血管障害、その他の病状の治療に対して、驚くべき回復結果を出していることに言及されている記事が多くある。

新型コロナウィルス対策

   ・『万が一、自分のせいで家族に感染したら…』

   ・『高齢の両親が心配だ…』

   ・『夫が満員電車で通勤している…』

   ・『仕事でどうしても子供を保育園や学童などで集団生活させないといけない…』

   ・『妊婦の妻が心配だ…』

   ・『感染して14日隔離などされたら経済的に厳しい…』

これらの心配がある場合、コロイドヨードに注目する価値があるが、ヨードは甲状腺ホルモンの材料にもなるため、コントロールされていない甲状腺機能亢進症(バゼドウ病)の方は服用できないので注意

 

新型コロナウィルスの驚異を無くすには…

日本では楽観視している人や、対策に一歩が踏み出せない人も多いため、大流行の危険が高いとも言えるので、一人ひとりの対策がとても大切です。

そんな中で、有害物質を吸着し、体外へ出すとともに、正常細胞を活性化し、体の機能を効果的に高めるという性質があり、副反応、副作用が小さいコロイドヨードは、幅広い世代、多くの人の悩みに対して効果が期待できるので注目と言える。

 

コロイドヨードはどこから購入できるの?

 

コロイドヨードに関しては、医療機関などを含めて、いくつか購入できるところがあるようです。

また、iherbなどの海外サプリメントサイトで検索してもいくつか出てきていますが、かなり高額です。
30mlで2000円〜3000円程度してしまいます。

それでもすでに売り切れが発生しているようですので、入手は困難かと思います。
こちらのサイトの商品であれば比較的に安価で間も無く入荷も間に合うようです。

ヨード含有清涼飲料水 ラミオダインウォーター

手軽に摂取しやすい、オレンジフレーバーの清涼飲料水タイプのため、非常に飲みやすかったのでご参考下さい。
(空腹時に1日30mlほどの摂取が目安)

 

Copyright (C) 2020 ZUTTOMO.co  All Rights Reserved.